オプティックオベロン

深視力検査とは


深視力検査
とは、大型免許、二種免許の取得、更新時に適正試験の一項目として義務付けられている検査です。
その目的は、被検者の遠近感の検査であり、自動車の運転中に動いている対象物に対する距離感の異常を発見するために行われています。

深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。
箱の中にある3本の棒のうち移動する中央の棒が両端の2本と並んだ時にボタンを押す、というもので、その並び具合で遠近感をチェックします。
位置のずれが前後2センチ以下の場合は合格となります。

深視力検査に合格するためには、良好な視力と同時に精密な立体視が必要となってきます。
両眼ともに1.2まで見える目であっても、斜位があったり、融像力が不足していたりすると、立体感が出にくいことがあります。
それらの多くはメガネで解決できます。

当店では
①屈折異常(遠視、近視、乱視)などが正確に矯正されているか。
②両眼視機能(同時視・融像・立体視)のうちでもっとも高度な「立体視」が良好であるか。

上記の検査を行い、充分に練習して慣れていただけるよう、三桿法の検査器を設置しております。


深視力メガネとは


深視力検査をクリアーするため、屈折異常を正確に矯正し、両眼視機能を良好な状態になるよう調整しているメガネのことを「深視力メガネ」といいます。
適正なメガネをかけることで、今まで通らなかった深視力検査に通ることも数多くあります。
以前、試験に不合格だった方も是非ご相談下さい。


深視力検査器


当店でメガネをお作り頂いたあとに、深視力検査器での練習をご希望のかたは、いつでもご来店下さい。


関連情報

関連ブログ→深視力ブログ
深視力メガネについてもっと詳しく知りたいかたは 
当店へのご来店が遠方により難しい場合は→お近くの深視力メガネ研究会会員店へ